Mac

絶対にやってはいけないMacの話、こうして私は大切なデータを失った

初めて手にしたマイパソコンが学校から支給されたiBookでした。

それからと言うものかれこれ10年以上は主にMacを使っていますが、初歩的なビッグミステイクを犯し、大切なデータを失う事となりました。

今からワダスが書き記していく事を実践すれば、もれなくあなたのMac内のデータも消滅する事でしょう。

大切なデーターを失いたくない人はこのワダスのビッグミステイクを反面教師として頭の片隅にでも留めて頂ければと思います。

今回の事はMacベテランユーザーは元よりパソコンが詳しい人にとっては当たり前のようにやってはいけない事だと思います。しかし、Mac初心者さんやパソコンがあまり詳しくない人、またはせっかちさん(ワダスの事)がうっかりとやってしまう事も無きにしもあらずと言う事で、自分の為の備忘録としても書き記していこうと思います。

OSアップグレード中は〇〇したらダメよ!

結論から言うと、OSのアップグレード中に強制終了を発動させた事によりOS起動不能に陥りました。

その日外出の予定がある中、軽い気持ちでOSのアップグレードを行なったところあっまりにも遅い!

アパートの無料wi-fiは遅い事を知ってはいたけど、想定外の遅さでイライラがつのり・・

時間もなかったので

えぇ〜い遅い!とアップグレード中に強制終了を発動し外出しました。

そして、外出から戻り再びOSのアップグレード を試みようとMacの電源を入れてみると!


えっっっ!!!!!?

なんだこの画面は!!!

そして何度も再起動を繰り返すも同じ画面が表示されるばかりでOSが立ち上がらない・・・

 

後日、この状況を打破するためにApple正規サービスプロバイダのあるカメラのキタムラに持って行くと、パーティションが壊れてるのでOSの再インストールと言う宣告を受けました。

かくして、OSの初期化、再インストールをする羽目になり、データを失う事となりました。

Time Machineでバックアップもしていなかったので、ブラウザのブックマークも失い、アプリも全て再インストールしなければならないと言う面倒臭い事になりました。

最後に

カメラのキタムラにMacを持って行った時、ワダスのMacを見たスタッフの一声が「えっ!!!」

でした。

どうやら持って来たMacがLate 2011と言う事に驚いていたようです。

もうこのタイプのMacはサポート対象外との事。

これまで何度もトラブルに見舞われましたが大事に使ってますよ〜。

でもそろそろ新しいのが欲しいよ〜。

 

さてOSのアップグレードは時間に余裕のある時に行いましょう。w

そしてデータのバックアップも忘れずに。。

ABOUT ME
アバター
Creative Force
モノづくりジャンキーです。